【注意!】妻に許してもらい離婚を回避する方法を買って失敗しないために

離婚回避成功のポイントは「メールサポート」を活用しまくること

「妻に許してもらい離婚を回避する方法」を買って失敗しないためにすることは、

 

【1年間&回数無制限のメールサポートを活用しまくること】

 

です。

 

このマニュアルには、具体的な事例やサンプルが数多く掲載されています。

 

その点では再現性の高いマニュアルなので行動しやすいのですが、実際に行動してからの妻の反応は十人十色です。

 

マニュアル通りに進めていくうえで、今の行動が良い方向に進んでいるかどうか迷ってしまうこともあります。

 

 

そこで大変重宝するのが、

 

【1年間&回数無制限のメールサポート】

 

です。

 

 

1年間何度でもメールで相談できる

マニュアルを読んで分からなかったことや実際に行動して迷ったり困ったことがあれば、メールで何度でも相談できます。

 

実際にマニュアルに書かれていることを行動していくと、

  • うちの場合は、どうしたらいいんだろう?
  • 妻のこの反応は、どういうことだろう?
  • 離婚回避に向かって、進んでいるのだろうか?

と、心配になってきます。

 

そんなときこそ、メールサポートを利用することで心配が解消されます。

 

実際の口コミでも、メールサポートの利用で勇気づけられた感想がこちらです。

埼玉県 H.S様

(中略)
そして先生に経過を報告しているときに
「あと数ヶ月で修復できるパターンに入りましたから、もう大丈夫ですよ。」
と返事がきました。
私はこのとき、この一行の文章に心から勇気づけられました。
先生のこの一行の文章は、一生忘れません。

 

ただでさえ誰にも相談できない不安な状態ですから、悩みを相談してアドバイスしてもらえる存在って本当に心強いんですよね。

 

方向性がズレていたら修正してもらえるし、正しければ後押ししてもらえる。

 

そんなメールサポートが1年間無制限で利用できることが、この「妻に許してもらい離婚を回避する方法」の最大のメリットといえます。

 

>>誘導

 

それに離婚回避方法が、分かりやすく行動しやすい内容になっていることもこのマニュアルの良い点です。

 

難易度の高いことや汎用性のないことを書かれても、実現できなければ意味がありません。

 

このマニュアルには、

  • 離婚を回避できた事例
  • 離婚調停を取り下げてもらった事例

というな事例を参考にすることができます。

 

これって、とても貴重な情報なんですよ。

 

なぜならこの2つの事例って、なかなか表に出てこないからです。

 

専門家に相談しないと悪い方向へ進む危険があります。

そもそも離婚回避をサポートしてくれる相談先って、なかなかありません。

 

離婚問題などの相談先として思い浮かぶのは、弁護士などの法律専門家です。

 

でも、法律の専門家がしていることは

 

【法律的な視点からのアドバイス】

 

となります。

 

法律的な解決は、どうにも立ち行かなくなった場合に必要です。

 

でも、それ以前の離婚回避の相談ということには、なかなか対応してもらえません。

 

そういうこともあり、多くの方が

 

「誰に相談したらいいのか分からない」

 

という状態になりがちです。

 

「それだけはやってはいけないでしょ!」をやってしまう人が多い

相談できる人が分からないので、つい

  • 親友
  • 会社の同僚

など、相談しやすい人に相談してしまいがちです。

 

もちろん悪気はないのですが、専門的な知識もノウハウもない人からのアドバイスは間違っていることも多いです。

 

それゆえに

 

「それだけは、やってはいけないでしょ!」

 

ということをしてしまっている人が、とにかく多いです。

 

こうなると物事はどんどん悪い方向へ進んでしまいます。

 

一度悪い方向に転がりだすと、あっという間に「離婚」へと加速してしまいます。

 

そうならないためにも、専門の知識を持った人からのアドバイスが重要になってくるのです。

 

専門家のマニュアルとメールサポートで離婚を回避する

でも、その専門知識を持った人が、周囲にいないんですよね。

 

そんな相談先が分からない人のために存在するのが、

 

【妻に許してもらい離婚を回避方法】

 

というマニュアルであり、

 

【1年間&回数無制限のメールサポート】

 

なのです。

 

全国どこからでもサポートを受けられるので、復縁を願うならば迷わず購入して行動することです。

 

特に、

 

「何をすればいいのか分からない」

 

という状況の方こそ、このマニュアルが役に立ちます。

 

というのも、このマニュアルに書かれている方法を、そのまま進めれば良いだけの実現可能な内容だからです。

 

仕事が忙しいし、相談するのも恥ずかしい

「妻に許してもらい離婚を回避する方法」で先ず最初にすることは、

  • マニュアルを読んで、自分の現状を客観的に見つめ直す
  • ケースごとの手紙サンプルを真似して手紙を書いて妻に送る

の2つです。

 

 

マニュアルを読んで、自分の現状を客観的に見つめ直す

奥さんが離婚を決意した本当の理由って、なかなか分かりにくいものです。

 

分かりくいだけでなく、間違った理由を「これが離婚の理由だ!」と勘違い&思い込みがちです。

 

そのまま進んでいくと、余計に問題を複雑にして悪い方向に進むだけです。

 

奥さんが離婚を決意した本当の理由を理解したうえで、許してもらうための行動を進めていかないとうまくいきません。

 

先ずは自分の置かれている状況を客観的に見直すことからスタートです。

 

 

ケースごとの手紙サンプルを真似して手紙を書いて妻に送る

奥さんが離婚を決意した本当の理由が分かったら、奥さんへ手紙を送ることから復縁アプローチが始まります。

 

マニュアルには、手紙の書き方だけでなく、

  • 手紙のサンプル
  • 診断書サンプル

がついているので、手紙を書くのが苦手ならサンプル通りに書けば大丈夫です。

 

ケースごとに対応した手紙のサンプルが用意されているので、そのまま書き写せば手紙が完成します。

 

サンプルで書き換えるのは、

  1. 自分の名前
  2. 妻の名前
  3. 現在の状況

の3つだけです。

 

あとはパソコンではなく、手書きで手紙を書くだけです。

 

サンプル通りに書けばいいので、正直言って簡単です。

 

大切なのはここからです。

 

 

妻とのトラブルは十人十色

マニュアルを読めば、現在の自分が置かれている立場を客観的に見ることができるようになります。

 

いろいろなケースを想定して手紙のサンプルもあるので、その通り書けば妻への復縁アプローチはスタートできます。

 

ここまでは割とスムーズにいきますが、難しいのはここからです。

 

具体的には、手紙を送ってからの奥さんの反応を見極めることです。

 

もちろんマニュアルで解説されているので、現状を把握していけば大丈夫です。

 

マニュアルに書かれている内容については、こちらから>>妻に許してもらい離婚を回避する方法